心の悲鳴に耳を傾けよう|自律神経失調は薬で治せる

看護師

体内を綺麗にする

病院

腎臓病の治療では透析治療が必要となる場合があります。透析治療にはいくつかの方法がありますが体調やライフスタイルなどによって利便性が異なるので、世田谷区で透析治療を受ける方は治療方針について内科の医師とよく相談するようにしましょう。

詳細を読む

聴神経の腫瘍に対する対処

カウンセリング

聴神経腫瘍は悪性化しない良質な腫瘍といわれていますが、大きさにより脳に支障をきたす場合があるので適切な診断が必要です。手術や治療に関する一定した規則がないので、患者のことを考えながら適切な対応ができる名医に診断をしてもらうと良いです。

詳細を読む

組織細胞を増殖する治療法

病院

プライマリーセルは弱った組織を回復させるために、組織を構成している細胞を増殖させる治療方法です。組織及び細胞は体のいたるところに存在し人体を成り立たせているので、細胞が減少すると体調に支障が現れます。細胞増殖は人体にもともと存在している細胞を使用するので、体への負担は薬品を用いるより低いです。

詳細を読む

脳の癒しにも繋がる療法

看護師

脳との関わり

自律神経をコントロールしているのは意外にも脳内にあり、それが間脳の一部分にある視床下部で、大脳からの情報に大きく影響される特徴を持っています。大脳には感情や思考、記憶などを司る大脳新皮質と、食欲や睡眠などの情動を司る大脳辺縁系があります。ストレスを受けることで視床下部がダメージを受け、脳内では歪みが生じてしまいます。例えば、内臓の動きが鈍くなったり、血糖値の調節ができないなどの不調が現れやすく、自律神経失調症は自律神経の中枢部分の視床下部の機能異常とも言われ、全身のあらゆる臓器を調節しているために機能が上手く働かなくなると器質的な病気を招きます。年齢や生活習慣、心の持ち方など様々に影響を受けて自律神経失調は起き、それに加えて病気が混在しているために症状も焦点を絞れず、多彩であるのも特徴で、様々な治療法が展開されています。

緊張を和らげる

筋肉の緊張した状態は脳にとってストレスとなり、自律神経失調症に陥りやすいために理学療法で身体症状を和らげ、改善を図ることも大事です。例えば、マッサージは血液やリンパ循環を良くする療法で、スキンシップによる心理効果も高いと評価されています。また刺激を与えることで、皮膚の知覚神経を経由して中枢神経に伝わり、血管を収縮させる交感神経の働きを抑制してくれるため、自律神経失調の症状が緩和できます。自然治癒力を促進させる民間療法となる指圧では、全身に定められたツボを刺激することで血行を促進させ、筋肉や神経の緊張をほぐすことができます。ツボと深い繋がりのある臓器にも働き、脳からのホルモン分泌を促すことや機能を正常化させられます。もちろん、専門医の治療を受けることが重要ですが、整体などの施設を利用することもテクニックの1つです。