心の悲鳴に耳を傾けよう|自律神経失調は薬で治せる

女性

聴神経の腫瘍に対する対処

カウンセリング

患者の状態を考慮する医師

聴神経腫瘍は良性の腫瘍なので、大きさ・成長速度・聴覚の状態・年齢などで経過観察にするか早めに手術を行うかを決めます。手術ではなく放射線治療という方法も存在しますが、聴神経腫瘍には定められたガイドラインがないので手術や治療の決定打は基本的に患者さんにあります。手術・治療・経過観察の際は無理なことは勧めず的確な診断をしてくれる医師に診てもらうことが一番なので、技術や知識があり患者のことを考えたモットーを掲げているところが人気です。手術は脳幹に触れるほど大きなものでなければ行わない場合が多いとされますが、若年期に聴神経腫瘍が発生すると後に成長して手術を行う可能性があるので早めに手術を行うケースもあります。医療的な実施は患者の気持ちが重要ですが、その気持ちを後押しする医師の判断も必要なので良い医師を探してから対処を考えると良いと思います。

実績と配慮ある医師を選ぶ

聴神経腫瘍にはガイドライン及び定められた規則のようなものがないので、医師の判断は自由になります。そのため、患者への考慮や配慮に欠ける医師もいるといわれています。どの方法が最適かは患者さんにより異なるので患者側の独断もいけないことですが、医師の浅はかな判断も危険です。聴神経腫瘍について詳しく、実績がある医師のもとを訪れると自分に合った正しい方法を知ることができます。また、適切な対処を行うこともできます。良質な腫瘍といっても、近くには脳という重大な組織があります。成長速度が遅く経過観察でも問題がない場合は良いのですが、治療を要する状況も考えられるので聴覚に異常を感じたら名医と呼べる良質な医師に診てもらうことをおすすめします。